脱毛,皮膚科

皮膚科とエステで行う脱毛

皮膚科とエステで行う脱毛について

脱毛は、皮膚科やエステティックサロンで行うことができます。
医療系の脱毛と、エステティックサロンでの脱毛の違いはどういうところにあるのかを見ていきます。
まず、皮膚科は医師が常駐しており、医師によって脱毛が行われます。

それに対して、エステティックサロンはエステティシャンが機械を使って脱毛します。 皮膚科のような医療機関で行われる脱毛には、高出力のレーザー機器が使用されます。
しかし、エステティックサロンでは低出力のレーザー機器しか使えません。
しかしその分、肌へのトラブルが少なくなり、医師の常駐が必要ではなくなります。

どちらの場合でも健康保険の適用外となってしまうので、費用はそれなりにかかります。 何を基準に選ぶのかですが、皮膚科は医師が脱毛を行うため、もし肌にトラブルがあらわれた場合はすぐに処置してもらえるという安心感があります。

そして、高出力のレーザー機器を使用するため、少ない回数で確実に脱毛できることが期待できます。
それに対して、エステティックサロンは全国に展開しているチェーン店が数多くあり、技術やサービスが均一している、また営業時間も長いため、通いやすいという利点があります。

低出力の機器しか使用が許可されていませんが、逆に言えば肌には負担になりにくいということが言えます。 エステティックサロンはお店の数が多いため、お店選びが難しいところですが、しつこく勧誘されたり、不要なものを買わされたりするようなお店はやめておいた方が良さそうです。

永久脱毛をお考えなら、ご自分に合った方法をよく検討されてから行うことをおすすめします。



Copyright (C) 2012 chocoken.jp All Rights Reserved.